高品質なプロトタイプと小ロット生産のための革新的なソリューション

大型のプラスチック部品は一般に射出成形によって製造されます。しかし、射出成形に用いる金型の製造は複雑で高価であるため、大量の部品を使用することが分かっている場合にのみ用いられます。

射出成形を使用することで、1,000個以下の小ロット部品でも安価に素早く製造できます。射出成形においては、二色成形技術を用いて、2成分形ポリウレタン混合材料を型に注入します。発熱反応により硬化し、熱可塑性材料と同じように、特定の特性を持つ成形品を生成します。

熱可塑性射出成形と比較して、ポリウレタン樹脂は粘度が低いため、流動挙動が良く、同じ肉厚でより大きな流路を実現できます。一般的に射出成形はバンパー、台枠、スポイラーなどに用いられます。

Sikaは、さまざまな熱可塑性樹脂の特性に対応した、幅広い射出成形用SikaBiresin®を提供しています。二色成形ポリウレタン樹脂は低粘度であるため、薄く大型で複雑な部品の製造が可能です。射出成形の処理時間は多くの場合1~3分です。この高速な応答時間により5~20分後には部品を取り出せるため、小ロット部品でも安価に生産することができます。さらにSikaの射出成形製品では、耐衝撃性、耐熱性、ポットライフに優れた、大型部品の製造に最適な製品や、自動車業界向けの特別認定を受けた製品を提供しています。

用途

  • バンパー
  • 台枠
  • スポイラー

メリット

  • コストパフォーマンスの高い試作成形、特定の材料特性を持つ成形品の小ロット生産
  • 熱可塑性樹脂と同様に、硬質のケースやカバーを安価に製造
  • 生産工具の製造コストを削減
  • 製造工程における高い再現精度により安全性の向上