車体構造の剛性を高めるスマートテクノロジー

車体の動的剛性を高めることで、車両の運転快適性を向上させることができます。しかし、軽量化ニーズの高まりにより、板金の厚みの低下、超高強度鋼の使用が増加しており、NVH(ノイズ、振動、ハーシュネス)に悪影響が生じています。構造補強材(SikaReinforcer®など)を局所的に使用することでこの課題を克服できます。さらに、重量を大幅に増やすことなく、動的な曲げ剛性やねじり剛性を高めることができます。

構造安定化のための軽量ソリューション

SikaReinforcer®を使用する際は、CAEで設計した構造補強材を車体のキャビティに設置し、電着塗装工程で硬化させます。  これにより、板金の間に軽量で耐久性のある構造が形成されるため、組立工程で作業を追加することなく補強された隙間構造が得られます。

静的剛性の改善

板金の厚みを薄くすることで、応力が発生し歪が生じてしまう可能性があります。構造補強材を使用することで、部分的に車体構造を補強することができるため、板金の厚みをさらに薄くすることができます。これにより、重量を軽減したり、車体デザインをシンプルにできます。

用途

  •  Aピラー、Bピラー、Cピラー(上下)
  • Dリング
  • ルーフフレーム

メリット

  • 軽量化 – 同等の性能を持つ金属と比べて軽い
  • 柔軟な設計が可能 – 複雑な金属シート形状にも対応
  • 施工が容易 – 車体開発工程の任意の時点で追加可能
  • 組立工程が簡素化 - シンプルな接合